鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7784

フリーダイヤル0800-805-7784

開けやすい鍵が大流行!?

開けられやすいカギ穴の形

鍵を無理やり開けるというピッキング騒動にしばしば耳にする『ディスクシリンダー』と呼ばれる鍵は、昭和34年に発売され、平成13年3月には、約7000万個も生産される鍵です。
平成13年頃に起きた『ピッキング騒動』の7割(関東地方においては8割)がマンションや億ションでも使用されていました。
しかしこのディスクシリンダー、今となっては開けられやすいくピッキングの餌食になると言われています。

大量採用の理由

どうして開けられやすいディスクシリンダーが大量に採用されてきたのかと考えると、価格が安い・丈夫で壊れにくい点にあります。
価格が安いのは、ディスクの板状の鋳造部分が、プレス加工技術により、大量生産が可能であること。そしてコストも安く生産できるということは、販売価格も安いということになります。
玄関扉などのサッシメーカーやドアの販売会社は、この安いディスクシリンダーを採用しつづけてきました。
公団住宅などの集合住宅を管理する側も、安くてシンプルな可動メカニズムであり、故障の少なく、耐久性の高いので、これほどありがたいものはなかったと思われます。
『鍵がついていれば安心』と、カギが無理やり開けられてしまうということを疑うことなく、また。ピッキングというカギを無理やり開ける技術も知られていない時代にこのディスクシリンダーは大いに普及することとなりました。

開けられても生産が続けられた現状

鍵を無理やり開けるというピッキングという技術は、かつて、カギ屋の特権でした。この無理やり開ける技術が窃盗団に流出しだしたのは、平成8年頃と言われています。ディスクシリンダーが無理やり開けられるという被害が続出したのにも関わらず、このディスクシリンダーを採用し続けた理由は、当然コストが安いというのが一番です。
大手ゼネコンから請ける下請のメーカーにとっては、開けられる被害があっても、請負価格から利益を産むには、開けられやすくても、この低価格のディスクシリンダーを使わざるを得なかったといえます。
ディスクシリンダーを開けられる被害を目にするようになっても、採用しつづけたのは、住宅産業の業界が抱える問題であると思えます。
鍵が建築金物の一つではなく、『防犯金物』という認識になった最近では、危ないものから暮らしを守る役割に変化しつつあります。かつて流行した「ディスクシリンダー」というカギが、今ではピッキングの餌食になっています。被害にあわれる前に、ご自宅のカギの防犯性をもう一度見直してみては?カギを開けたい!開けたいけどどうすればいいのかわからない・・・そんな方はカギ開けのプロである当社までご連絡下さい!

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。